教育者 スポーツ 柔道 社会

嘉納治五郎の名言

嘉納 治五郎(かのう じごろう、万延元年10月28日〈1860年12月10日〉- 昭和13年〈1938年〉5月4日)は、日本の柔道家・教育者。兵庫県出身。 講道館柔道の創始者であり、柔道・スポーツ・教育分野の発展や日本のオリンピック初参加に尽力するなど、明治から昭和にかけて日本におけるスポーツの道を開いた。「柔道の父」と呼ばれ、また、「日本の体育の父」とも称される。別表記加納治五郎。
他人に勝つより、自分に勝て。

-教育者, スポーツ, 柔道, 社会
-