実業家 社会

関本忠弘の名言

関本 忠弘(せきもと ただひろ、1926年11月14日 - 2007年11月11日)は日本の実業家・技術者。位階は従三位。1980年より1998年にかけて日本電気株式会社(NEC)の社長と会長を務め、この間に日本電気を日本電信電話公社(現・日本電信電話)に依存する〝国策企業〟から、世界中にコンピュータ、半導体、通信機などを売る総合電機メーカーに成長させた。
チャンスとは強いられて与えられるものではなく、不安な心を抑えて奪い取るものである。

-実業家, 社会
-