哲学者 社会 思想家 学者

フリードリヒ・ニーチェの名言

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(独: Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、ドイツ・プロイセン王国出身の思想家であり古典文献学者。ニイチェと表記する場合も多い。
笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである。

復讐と恋愛においては、女は男よりも野蛮である。
善にも強ければ、悪にも強いというのが、いちばん強力な性格である。
脱皮できない蛇は滅びる。その意見をとりかえていくことを妨げられた精神も同様だ。
自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。
生きるとはなんのことか - 生きるとは - 死にかけているようなものを、たえず自分から突き放していくことである。
男子病の一つ。-自己侮辱という男子の病気には、賢い女に愛されるのが、もっとも確実な療法である。
人々は、なんらかの不潔なことを考えることを恥としないが、この不潔な考えが彼らのものだといわれていると感じて恥じる。
職業は生活の背景である。
脱皮できない蛇は滅びる。意見を脱皮していくことを妨げられた精神も同じことである。
同情するものは自分は強者であると信じている。だから助けることができるとあらば、すぐにでも介入したくなる。
人間が神のしくじりに過ぎないのか、神が人間のしくじりにすぎないのか。

-哲学者, 社会, 思想家, 学者
-, , , , , ,