詩人 歴史学者 学者 社会 思想家 文芸

頼山陽の名言

頼 山陽(らい さんよう、安永9年12月27日(1781年1月21日) - 天保3年9月23日(1832年10月16日))は、大坂生れの江戸時代後期の歴史家・思想家・漢詩人・文人。幼名は久太郎(ひさたろう)、名は襄(のぼる)、字は子成。山陽、三十六峯外史と号した。主著に『日本外史』があり、これは幕末の尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。1891年(明治24年)贈正四位、1931年(昭和6年)贈従三位。
老いて病み恍惚として人を識らず。

-詩人, 歴史学者, 学者, 社会, 思想家, 文芸
-