詩人 エンターテインメント 劇作家 文芸

ウィリアム・シェイクスピアの名言

ウィリアム・シェイクスピア(英語: William Shakespeare, 1564年4月26日(洗礼日) - 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知るうえでの貴重な言語学的資料ともなっている。 出生地はストラトフォード=アポン=エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1613年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇『ハムレット』『マクベス』『オセロ』『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』『夏の夜の夢』『ジュリアス・シーザー』など多くの傑作を残した。『ヴィーナスとアドーニス』のような物語詩もあり、特に『ソネット集』は今日でも最高の詩編の一つとされている。 2002年にBBCが行った「100名の最も偉大な英国人」投票で第5位となった。 シェークスピア、シェークスペーヤ、シェークスピーヤとも。 「シェイクスピア」の日本における漢字表記(借字)は「沙吉比亜」だが、これは中国語での表記「莎士比亞」(繁体字での表記で、簡体字では「莎士比亚」)の「莎」を「沙」と、「亞」を「亜」と略し、「士」の代わりに「吉」を用いたもの。日本に作品が伝わってまもない明治時代などでは「沙翁」と表記されたこともある。
逆境も考え方によっては素晴らしいもの。

行動は雄弁だ。
成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはならぬ。
他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷はいやされなくても、気は楽になる。
天は自ら行動しない者に救いの手をさしのべない。
外観という者は、いちばんひどい偽りであるかも知れない。世間というものはいつも虚飾に欺かれる。
志は記憶の奴隷にすぎない。勢いよく誕生するが、成長しにくい。
貴様たち女は神々から授かった顔があるのに、それを化粧粉で塗りたくって全然別物のお面を作り上げる!
善人の行う悪事ほど 罪深いものはない
あなたがたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。
快楽と行動は時間を短く思わせる。
不幸を治す薬は、ただもう希望よりほかにない。
賢明に、そしてゆっくりと。速く走る奴は転ぶ。
何度でも起きるが良い。時はどんな荒れた日でも過ぎてゆく。
運命とはもっともふさわしい場所へと貴方の魂を運ぶのだ
賢い人たちは座ったまま損失を嘆いたりはしない。元気よくその損失をつぐなう方策を探すのだ。
運命とは、最もふさわしい場所へと貴方の魂を運ぶのだ。
女子を傲慢にするものは、その美貌である。
私をひきつけるのは、婦人の美容ではなくして、その親切だ。
「今が最悪の事態だ」といえる間は最悪ではない。
子を知るは賢明なる父なり。
よいことを言うのは善行の一種だが、しかし言葉は決して行為ではない。
口数の少ない男が最良の男。
慢心は人間の最大の敵だ。
貧乏人けっこう。誰もお前のその貧乏を盗もうとはしないのだから。
この世は全て舞台だ。そして男も女もその役者に過ぎない。

-詩人, エンターテインメント, 劇作家, 文芸
-, , , , , , , , , , , , ,