実業家 社会

ビル・ゲイツの名言

ウィリアム・ヘンリー・"ビル"・ゲイツ3世(William Henry "Bill" Gates III、1955年10月28日 - )は、米国の実業家、慈善家である。マイクロソフトの共同創業者であり、幼なじみの故ポール・アレンとともにマイクロソフトを創業した。マイクロソフトでのキャリアにおいて、ゲイツは会長、最高経営責任者(CEO)、社長、最高ソフトウェア設計者を歴任し、同時に2014年5月まで個人筆頭株主であった。1970年代から1980年代にかけてのマイクロコンピュータ革命の主要な起業家であった。 ゲイツはシアトルで生まれ育つ。1975年、アレンとともにニューメキシコ州アルバカーキにマイクロソフトを設立。世界最大のパソコン用ソフトウエア会社となった。ゲイツは、2000年1月にCEOを退任し、スティーブ・バルマーに引き継がれるまで、会長兼CEOとして同社を率いたが、取締役会会長にとどまり、チーフ・ソフトウェア・アーキテクトに就任した。1990年代後半、彼のビジネス戦術は反競争的であると批判された。この意見は、数々の裁判でも支持されている。2008年6月、ゲイツはマイクロソフトでは非常勤、2000年に当時の妻メリンダと設立した民間慈善財団ビル&メリンダ・ゲイツ財団では常勤に移行した。2014年2月にマイクロソフトの取締役会長を退任し、新たにサティア・ナデラCEOをサポートするテクノロジーアドバイザーに就任した。2020年3月、ゲイツはマイクロソフトとバークシャー・ハサウェイの取締役職を離れ、気候変動、世界の健康・開発、教育などに関する慈善活動に専念する。 2008年にマイクロソフトの日常業務を離れて以来、ゲイツは多くのビジネスと慈善活動を追求してきた。BEN、カスケード・インベストメント、bgC3、テラパワーなど、複数の企業の創業者であり会長でもある。また、世界最大の民間慈善団体といわれるビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じて、さまざまな慈善団体や科学研究プログラムに多額の資金を提供している。同財団を通じて、21世紀初頭のワクチン接種キャンペーンを主導し、アフリカにおける野生ポリオウイルスの撲滅に大きく貢献した。2010年、ゲイツはウォーレン・バフェットとともに「ギビング・プレッジ」を設立し、自分たちや他の億万長者たちが、少なくとも財産の半分を慈善活動に寄付することを誓約している。
自分がだしたアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない

その頃、パソコン業界はリーダー不在だった。チャンスだ。僕らが行かなくてどうすると思いましたね。
リスクを負わないのがリスク
何でもできるパソコンを世界中の家庭に普及させるのが夢。
顧客の声に耳を傾け、技術を革新し続けていかない限り、我々にはどんな未来もない。
どんな会社にも、ミスをして、それを最大限活かしたことのある人が必要だ。
悪い知らせは、早く知らされなければならない。
金持ちだからといって、それで得することはあまりない。
人間にはものを考える時間が必要だ。
自他ともに認めあった頭のいい少数の人間で仕事をするとき、効果は最大になる
人生は公平ではない。そのことに慣れよう。
難しい仕事があるとき、私は怠け者に任せる。だって怠け者は、仕事を簡単に片づける方法を見つけ出すからね
我々次第で会社がつぶれる可能性さえあるということを、常に念頭に置きながら毎日会社に来ている。 常に気を引き締めて、重要な変化をもたらす革新的な研究に長期的な投資をしなければならないと考えている。
問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。
人類史上の進歩のほとんどは、不可能を受け入れなかった人々によって達成された。
徹底的な話しあいは、ムダに終わることが多い。
同じ決断を二度するな。最初の決断に充分時間をかけて確固たる決断を下せば、同じ問題を二度考えずに済む
自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ
変わることがなければ成長することもない。成長することがなければ真に生きていない
私は物事をとことん突き詰めるのが好きなんだ。そうすれば、たいてい良い結果が出るから
あなたの顧客の中で一番不満をもっている客こそ、あなたにとって一番の学習源なのだ。
必要なのは強力なチームだ。 なぜなら、どんなに良く管理されようと、平凡なチームからは平凡な結果しかないからだ。
反対があるのは健全なこと。本当に力のあるアイデアか試されるわけだから
なぜファーストクラスに乗らないかって、だってエコノミーでも到着する時間は同じだろ。
一心不乱に働くこと、ベストを尽くすことが嫌だというなら、ここは君のいるべき職場ではない
成功の鍵は、的を見失わないことだ。 自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。
しばしば、直観が頼みの綱になる。

-実業家, 社会
-, ,