研究家 社会 政治 政治家

マーガレット・サッチャーの名言

マーガレット・サッチャー(英語: Margaret Hilda Thatcher, Baroness Thatcher、1925年10月13日 - 2013年4月8日)は、イギリスの政治家、一代貴族。 首相(第71代)、教育科学相、庶民院議員(9期)、貴族院議員、保守党党首(第15代)を歴任した。 保守的かつ強硬なその政治姿勢から「鉄の女(Iron Lady)」の異名を取ったことで知られる。
勝つためには、一度ならず戦わなければならないこともある。

素質も必要でしょう。しかし、それだけでは十分でないことを自覚し、目的を持って努力しなければ、成功は得られません。
意見の一致には危険が潜む。何についても特定の意見を持たない人々を満足させようと試みることになりかねない。
お金持ちを貧乏にしても、貧乏な人はお金持ちになりません。
最終的に自分の思い通りになるなら、私はいくらでも忍耐強くなれる。
政治において、言ってほしいことがあれば、男に頼みなさい。やってほしいことがあれば、女に頼みなさい。
私が戦わなかった日など一日たりともありません。
女性運動を声高にやる人は嫌いです。男女の別に関係なく、人間は能力で決まる。
不一致があれば、私たちは調和をもたらしたい。誤りがあれば、私たちは真実をもたらしたい。疑念があれば、私たちは信頼をもたらしたい。絶望があれば、私たちは希望をもたらしたい。
多数に追随するな。自分自身で決断せよ。そして人々をも納得させ、リードしていけ。
リーダーは好かれなくてもよい。しかし、尊敬されなくてはならない。
人の一生は、最終的にその人の品格に左右され、品格は自分をどう形成するかにかかっている。
幸運だったわけではありません。私はそれだけの努力をしてきました。
社会なんてものはない。個人としての男がいて、個人としての女がいて、家族がある。ただそれだけだ。
心がやさしいだけだったら、誰一人として「善きサマリア人」のことなど覚えていなかったでしょう。彼にはお金もあったのだ。
敗北?私はその言葉の意味を存じ上げません。
物事に反対するだけでは勝てない。物事に賛成し、自分のメッセージを完全に明確にすることによってのみ勝利できる。
成功とは何か。それは、自分がやっていることに才能があること。そしてまだ十分でないということをわかっていること。一生懸命に働き、確かな目的意識を持っていなくてはならないということを知っていること。これらをすべて併せたものだと思います
人間として必要なことは全て父から学んだ。
私たち政治家は、後戻りをしてはならない。立ち止まった姿を世間にさらすことも許されない。前に進んだ時こそ未来が約束される。
強者を弱くすることによって、弱者を強くすることはできない。
我々は核兵器のない世界ではなく、戦争のない世界を目指すべきです。

-研究家, 社会, 政治, 政治家
-, ,