経済学者 学者 哲学者

カール・マルクスの名言

カール・マルクス(ドイツ語: Karl Marx、英語: Karl Marx 、1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、プロイセン王国時代のドイツの哲学者、経済学者、革命家。社会主義および労働運動に強い影響を与えた。1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。1849年(31歳)の渡英以降はイギリスを拠点として活動した。 フリードリヒ・エンゲルスの協力のもと、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により社会主義・共産主義社会が到来する必然性を説いた。ライフワークとしていた資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。
資本制私有財産の最後の時が鳴る。収穫者たちが収穫される

学問には平坦な大道はない。そして学問の険しい坂道を攀じ登る労苦を厭わないものだけに、その明るい頂上に辿り着く見込みがあるのです
戦いか、死か。血まみれの戦いか、無か。問題は厳として、こう提起されている
われわれは他人を解放する前にまず自分を解放しなければならない。
全てを疑え
社会から切り離された“自我”など有り得ないし、社会と無関係に生きることなど何人たりとも出来ない
人間が宗教をつくるのであって、宗教が人間をつくるのではない
人間とは、自分の運命を支配する自由な者のことである
弱い者はいつも奇跡を信じることで救いを見つけるものだ
自由であるということは、自分の幸せを選べるということでもある
労働者は、生産すればするほど、自分が消費するものは減り、価値あるものを創造すればするほど、自分は価値も尊厳もないものになってしまう
何をするにも最初が肝心、という格言はどんな学問にもあてはまる
人間が集団で生きていくにあたってもっとも肝心なことは、ひとりひとりの人間の柔軟な感性と個性に対応できるようなシステムが保証されていることである
人間にとって最大の幸福は「自分を生かせる仕事に巡り合うこと
思想が現実に迫るのみでは十分ではない。現実が自ら思想に迫るのでなければならない
自らの道を歩め。他人には好きに語らせよ
役に立つ物が増え過ぎると、役に立たない者が増え過ぎる
材料は労働がなければ富の創造になんの力も発揮できないが、材料の所有者は、自らそこに不可欠の要素たる労働を投入したかのように、富を増殖させる魔術的な力を備えてくる
歴史は繰り返す、一度目は悲劇として、二度目は茶番劇として。
豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない

-経済学者, 学者, 哲学者
-, ,