文芸 小説家 批評家 社会

アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタールの名言

アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール(フランス語: Anne Louise Germaine de Staël,1766年4月22日 - 1817年7月14日)は、フランスの批評家、小説家。フランスにおける初期のロマン派作家として政治思想、文芸評論などを行った。多く、スタール夫人(フランス語: Madame de Staël)の名で知られる。フランス革命からナポレオン・ボナパルトの君臨に至る時代、多くの政治評論を行い、ナポレオンと終生対立する運命となる。正式な名前は、スタール=ホルシュタイン男爵夫人アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ネッケール(フランス語: Anne-Louise Germaine Necker, baronne de Staël-Holstein)。フェミニズムの先駆者でもある。
女にとって恋愛は、生涯の歴史である。男にとっては単なる挿話にすぎない。

-文芸, 小説家, 批評家, 社会
-,