小説家 批評家 学者 哲学者 社会 文芸

シモーヌ・ド・ボーヴォワールの名言

シモーヌ・ド・ボーヴォワール (Simone de Beauvoir、1908年1月9日 - 1986年4月14日) は、フランスの哲学者、作家、批評家、フェミニスト理論家・活動家である。20世紀西欧の女性解放思想の草分けとされる『第二の性』(1949)、ゴンクール賞を受賞した自伝小説『レ・マンダラン』(1954) など多くの著書を残した。主要著書はほとんど邦訳されている。 1970年代に人工妊娠中絶の合法化を求める運動をはじめとする女性解放運動 (MLF)に加わり、『レ・タン・モデルヌ』、『フェミニズム問題』などを通して運動を牽引した。 在学中に出会ったジャン=ポール・サルトルとは、実存主義の立場から自由意思に基づく個人の選択を最重要視し、婚姻も子どもを持つことも拒否。互いの性的自由を認めつつ終生の伴侶として生きた。 1954年にゴンクール賞、1975年にエルサレム賞、1978年にオーストリア国家賞を受賞。 2008年、女性の自由のためのシモーヌ・ド・ボーヴォワール賞(略称:シモーヌ・ド・ボーヴォワール賞)が設立され、アヤーン・ヒルシ・アリ、マララ・ユスフザイ、ミシェル・ペローらが受賞している。
化粧は女の社会的地位を表現するものだ。

女同士の友情を女が作り出し、あるいはそれを長くたもっていたら、これは女にとって貴重である。
男は女に全てを与えよと求む。女がそのとおりに全てを捧げ、生涯をあげて献身すると、男はその重荷に苦しむ。
人は天才で生まれるのではなく、天才になるのだ。

-小説家, 批評家, 学者, 哲学者, 社会, 文芸
-, , , , , ,