劇作家 文芸 小説家 詩人 エンターテインメント

フリードリヒ・ヘッベルの名言

クリスティアン・フリードリヒ・ヘッベル (Christian Friedrich Hebbel、1813年3月18日 - 1863年12月13日)はドイツの劇作家・詩人・小説家。 北ドイツ、ホルシュタイン州(当時はデンマーク領 )のヴェッセルブーレン(Wesselburen)に生まれた。家が貧しかったため独学で教養を身につけ創作を試みた。1835年女性作家アマーリエ・ショッペ(Amalie Schoppe)の伝手でハンブルクにやって来た。彼はある船大工の家に寄寓したが、その船大工の義理の娘エリーゼ・レンズィング(Elise Lensing)は彼を献身的に支えた。エリーゼに支えられて処女作『ユーディット』を完成。その後各地を旅行し、ウィーンで知り合った女優クリスティーネ・エングハウス(Christine Enghaus)と結婚したが、それまで尽くしてくれ、二人の子まで生んだエリーゼを裏切る形となった。劇作家としては『ゲノフェーファ』、『マリア・マグダレーネ』、『ヘロディアスとマリアンネ』、『ギュゲスとその指輪』、『ニーベルンゲン』三部作などを次々と完成し、19世紀ドイツ最大の悲劇作家とされるほか、叙情詩や短編小説、そして日記も評価が高い。生地ヴェッセルブーレンにはヘッベル博物館(Hebbel-Museum)があり、ヘッベル協会の本部(Hebbel-Gesellschaft)が置かれている。
幸福は小鳥のようにつかまえておくがいい。
できるだけそっと、ゆるやかに。
小鳥は自分が自由だと思い込んでさえいれば、喜んでお前の手の中にとどまっているだろう。

-劇作家, 文芸, 小説家, 詩人, エンターテインメント
-,