社会 劇作家 文芸 詩人 批評家 エンターテインメント

T・S・エリオットの名言

T・S・エリオット(トーマス・スターンズ・エリオット 英: Thomas Stearns Eliot、1888年9月26日 - 1965年1月4日)は、イギリスの詩人・文芸批評家。 5部からなる長詩『荒地』や詩劇『寺院の殺人』によって20世紀前半の英語圏で最も重要な詩人の1人と評されるほか、創作における歴史的伝統の意味を論じた「伝統と個人の才能」などの評論で批評家・保守派文人として欧米の文壇・言論に巨大な影響を残した。1948年にノーベル文学賞を受賞。反ユダヤ主義者で知られた。
我々のすべての探求の最後は、初めにいた場所でありその場所をはじめて知ることである

-社会, 劇作家, 文芸, 詩人, 批評家, エンターテインメント
-