社会 劇作家 文芸 詩人 批評家 エンターテインメント

サマセット・モームの名言

ウィリアム・サマセット・モーム(William Somerset Maugham, 、1874年1月25日 - 1965年12月16日)は、イギリスの小説家、劇作家。 フランス、パリ生まれ。10歳で孤児となり、イギリスに渡る。医師になり第一次大戦では軍医、諜報部員として従軍した。1919年に『月と六ペンス』で注目され、人気作家となった。平明な文体と物語り展開の妙で、最良の意味での通俗作家として名を成した。作品に『人間の絆』『お菓子とビール』や短編「雨」「赤毛」、戯曲「おえら方」など。ロシア革命時は、秘密情報部に所属した情報工作員であった。同性愛者としても知られている。
よい妻というのは、夫が秘密にしたいと思っているささいなことを、つねに知らぬふりをする。それが結婚生活の礼儀の基本である。

恋の悲劇は死でも別離でもない。それは無関心である。
苦労人というのはややこしい苦境を優雅に切り抜ける人のことである。
女がどれほど不身持だろうとそれは勝手だが、もし美人でなかったら、対した効果はまずあるまい。

-社会, 劇作家, 文芸, 詩人, 批評家, エンターテインメント
-, , ,