宗教家 学者 哲学者 社会

清沢満之の名言

清沢 満之(きよざわ まんし、1863年8月10日(文久3年6月26日) - 1903年(明治36年)6月6日)は、日本の明治期に活躍した真宗大谷派(本山・東本願寺)の僧侶、哲学者・宗教家。旧姓は「徳永」。幼名は「満之助」。院号法名は、「信力院釋現誠」。真宗大学(現・大谷大学)の初代学監(学長)。
光ったナイフは草原の中に捨てられていても、いつか人が見出すものだ。

-宗教家, 学者, 哲学者, 社会
-