かかってきた電話の対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事場での電話には極力早く対応したいところです。
目の前の仕事が混み合っている場合もありますが、電話は3回鳴る前に出たいところです。
それ以上、待たせてしまう場合には「お待たせしました」と一言添えるようにしましょう。
また、電話で質問を受ける場合にも先方を待たせてしまうこともあるかもしれません。
その際には保留にすることも忘れないようにします。
保留にしたからといって待たせすぎてしまうのもよくありません。
1分を目安として、それ以上待つのは受話器を持ったままなので1分以上に感じてしまいます。
折り返し電話をすることを伝え、電話番号と名前を聞いて電話を一旦切ります。

カテゴリ : ビジネス

 

このページの先頭へ