食事中に気を使いすぎると美味しく食べられない、と思う方もいるかもしれません。
ですが、自分の行動によって人を不快にしてしまうことは、もっとよくありません。
必要最低限のマナーは覚えて、心配りをしたいところです。

食事のときにまず、気を配らないといけないのが「音」です。
スープを飲む音、食べ物が口に入っている状態でのおしゃべり、カチャカチャと音を立ててナイフやフォークを使うこと、などなど。
食事のときの音は食事を一緒にする相手にも、近くのテーブルの人にも不快をさせてしまいます。
食事のときの音には配慮が必要です。

 

このページの先頭へ