手紙

コンピュータが主流になり、手書きで字を書く機会が減った方も多いかもしれません。
お礼の手紙などは、できれば手書きで書いた方が気持ちも伝わる度合いが違ってくる場合もあるかと思います。
ですが、字に自信がなく出来れば「パソコンで打ち込んだ文字をプリントアウトしたものがいい。」という方もいらっしゃるかと思います。
もちろん、手紙を書かないよりも、プリントアウトしたものでも出さないより、出したほうがいいです。
沢山、出さないといけない場合なども寝る時間もなくなってしまうこともあるかもしれません。
そういった場合でも、自分の名前のところには自筆でサインをすると、ただプリントアウトしたものとは違ってきます。
プリントアウトして、お礼状を出す場合には、こういった工夫をされてみてはいかがでしょうか?

手紙を会社宛に出すときに、「御中」はよく使われることですが、
「○○株式会社御中 ××様」
のように使うのは間違いです。
組織に対して、使うと思っている人も多いかもしれませんが、「御中」は会社宛に出す際に、特定の個人名がわからない場合に書くものです。
出したい個人名がわかっている場合には、
「○○株式会社 ××様」
というような書き方で大丈夫です。

 

このページの先頭へ