名刺交換

名刺交換をした際に、相手の方の情報をメモをすることは、
のちに迷わずに済むのでとても便利です。
ですが、当然のことですが相手の目の前でメモをすることはいけません。
名刺はその人の顔です。
メモをすぐに書かないと忘れてしまいそうな気がする方もいらっしゃるかもしれませんが、
メモを書き込むのは先方の見えないところで行うようにしましょう。

ビジネスの場面で、好感を得るには名刺交換はとても大切です。
一般的に名刺交換する場合には目下の人から先に差し出すものとされます。
ですが、同時に交換することが多くなっています。
同時に交換する場合の順序は、まずは相手の顔を見ながら「はじめまして」と言ってから会釈をして近づいていきます。
そして、自分の名前を紹介しながら、名刺を両手で出し、渡す直前に名刺を右手だけで持ち、相手の方の左手に置くようにします。
そして、名刺を受け取ったときの高さは胸の位置を意識します。
相手の方の名前を読み上げ「よろしくお願いいたします。」と挨拶をします。
この際には直接向かい合って挨拶をするようにしましょう。

 

このページの先頭へ