会話

パーティなどで初対面の人と顔を合わせたときに、
何を話すか迷ってしまうことも多いかもしれません。
黙っているのもよくありませんし、ありきたりすぎる話も白々しすぎると感じる方も多いかもしれません。
相手への質問から入るというのもいいかもしれませんが、
相手にとって初対面では答えたくないことやタブーなこともあるかもしれません。
こういったときは、自分の自己紹介から始めるといいかと思います。
自己紹介から始めていけば相手の方も差し支えのない範囲で答えやすくなります。

複数人で話しているときに、他の人が話している最中に自分のことを話し始める人もいます。
このような状況で楽しい会話を続けることはできません。
自分を主張ばかりしているのは自己顕示欲を丸出しにした行為です。
「本当に話し上手な人は、聞き上手な人」
とも言うように相手の話に耳を傾けた上で自分の意見を述べるようにして、
そういったやりとりの中で会話を楽しんでいきましょう。
「自分は」「自分が」
という話は嫌われてしまいます。
自分のことは控えめにするのがマナーです。

だからといって控えめにしすぎてしまうのも相手に不快な思いをさせてしまいます。
誉められたときなどに謙虚な言葉ばかりを返すのではなく、
「ありがとうございます。」
というように感謝の気持ちを言ったほうがスマートになる場合も多くあります。

 

このページの先頭へ