お辞儀

ビジネスの場で握手をする機械も増えました。
ですが、いくら増えたといっても、日本にはお辞儀の文化が中心です。
握手をしながらお辞儀をしてしまうという人もいらっしゃるかもしれませんが、
握手をするときには、お辞儀の必要性はありません。
笑顔のまま、目を見て軽く力を入れるようにして握るだけで大丈夫です。
変に握った手の上下を繰り返したり、目下の人が目上の人に求める行為や、女性に求めるなどといったことで、
相手に不快感を与えないように配慮しましょう。
特に外国からのお客様のときには、こういった注意が必要です。

 

このページの先頭へ