仕事場で電話を受けるとき

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスの電話で家庭で電話を受けるときのような「もしもし」は不要です。
電話がかかってきたときは「はい、○○社、××(自分の名前)です。」「お電話ありがとうございます、○○社、××(自分の名前)でございます。」のように出ます。
相手の方が名乗ったら社名、名前を確認することも忘れないようにします。
名前を名乗らなかった場合には、「失礼ですが」と言い忘れないようにしてから、名前を尋ねるようにします。
もしも、聞き取ることができなかった場合には、
「恐れ入ります。もう一度お願いできますか?」
と尋ねるようにします。
何度も聞くのは失礼ではないかと思ってしまうこともあるかもしれませんが、
確認ができていない状態のままだと迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。
また、電話を切るときも、電話が終わったからと言ってすぐに切らずに相手が切るのを確認してから切るようにします。

Tags: ,

カテゴリ : ビジネス

 

このページの先頭へ