お見舞いのときは家族にも気を使う

このエントリーをはてなブックマークに追加

何度か、お見舞いにいったときのマナーを紹介してきました。
病気の見舞いに行った際には、本人への気遣いは大切です。
ですが、病気の人ばかりでなく、家族の方にもねぎらいの言葉をかけるようにしましょう。
「大変ですね。」
という言葉を病人の前で言うことはよくありません。
迷惑をかけてしまっていることを気にしているのは本人です。
こういった場合には、心配する気持ちだけではなく、
困ったときには、力をなりますということを伝えてはいかがでしょうか。

カテゴリ : 生活

 

このページの先頭へ