お見舞いの品物とかける言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

お見舞いのときに、どのように言葉をかけて品物を渡せばいいのかわからなくなったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
お見舞いの際には訪問したときのように「つまらないものですが…」というような言葉は必要ありません。
元気になってもらいたくて、持参したものですから、「気晴らしになるかと思いまして。」などと言うように、
お見舞いの品に込めた気持ちを、何気なく伝えてみてはいかがでしょうか。
それを見て励ましになるかもしれません。
また入院中の方は、お見舞いの品を見て来てくれた人の気持ちを思い出し、元気な気持ちになることができるかもしれません。

Tags: ,

カテゴリ : 生活

 

このページの先頭へ