連絡を入れて相手の都合を確認する

このエントリーをはてなブックマークに追加

「親しき仲にも礼儀あり」
と言うように、いくら何度か顔を合わせたことのある取引先だからといってアポなしで訪ねるのはよくありません。
時間が限られているからといって、相手のところを急に訪ねても、
相手にも都合があることを忘れてはいけません。
相手によっては断りづらいこともあるかもしれません。
そういった迷惑をかけないように事前に連絡をして都合を確認する配慮が必要です。

カテゴリ : ビジネス

 

このページの先頭へ